ファクタリングサービス

売掛金を買取るファクタリングに関する情報をご提供していきます。即日で最大1億円

ファクタリングの必要書類

ファクタリングの必要書類は、通常、こんな感じです。

○身分証明書
 (運転免許証・パスポートなど)

法人会社謄本
 (履歴事項証明書)

○決算書
 (勘定科目明細書付)直近2期分
 (税務申告済みの捺印のあるもの)

○取引先との基本契約書
 (ない場合はご相談ください。)

○成因資料
 (注文書・契約書・発注書・納品書・請求書など)

○入出金の通帳・当座照合表
 (過去の入出金を確認のため) 

○納税証明書
 ※税金納付済みの場合

■ファクタリングおすすめリンク集

 ・ファクタリング比較ナビ
 ・資金調達ナビ
 ・ファクタリング比較ナビ


ファクタリングの審査

ファクタリングでは、ほとんどのケースで対面での審査が必要になってきます。

そのため、遠隔地などのお客様の場合は、伺うだけで大変です。

日帰りで、飛行機で。。。

実は、ファクタリング会社の社員は日本中、あちこちを飛んでいます。

面談では、どのようなことを審査するのでしょうか?

面談までたどり着ければ、よほどのことが無い限り契約できると考えていいと思います。

ですので、面談では普通に振舞ってください。

そして

 ・時間に遅れないこと。

 ・資料の原本を見せること

これさえ、守れれば審査はOKでしょう。

契約を結んで、入金されるまで、あと一息です。
通常、ファクタリング会社に申し込む場合は、数社に問い合わせて申し込んでいます。
おすすめのファクタリング会社は?!

☆一位 三共サービス




☆二位 トップマネージメント




☆三位 資金調達ナビ


ぜひ、いろいろな会社にお問合せください。

ファクタリング 2つの重要ポイント

1.償還請求権

償還請求権は、ファクタリング会社がお客様にお金を請求する権利のことです。
下記に償還請求権がない場合とある場合の違いをご説明いたします。

○償還請求権なし(ノンリコース)
 売掛先が倒産してしまった際、お客様の支払い責任は問われません。

○償還請求権あり(ウィズリコース)
 売掛先が倒産してしまった際、お客様に支払い義務が発生し負債を抱えることになります。
 ※2社間でのファクタリング契約においては「償還請求権なし」の場合がほとんどです。
 ですので、売掛先が倒産してしまった際、お客様への支払い義務が発生しないことになります。

2.債権譲渡登記

売掛金を法務局へ登記します。
ファクタリング会社側では、売掛債権の権利者であることを法務局(登記所)に備える登記簿(債権譲渡登記ファイル)に記録する手続きを行います。
これにより登記を行ったファクタリング会社は、当該債権の債務者以外の第三者について公に主張する事が可能になります。
逆に、登記後は取り消す必要が出てきますので、必ず、取り消し費用などもご確認ください。
通常、ファクタリング会社に申し込む場合は、数社に問い合わせて申し込んでいます。
おすすめのファクタリング会社は?!

☆一位 三共サービス




☆二位 トップマネージメント




☆三位 資金調達ナビ


ぜひ、いろいろな会社にお問合せください。

中小企業の資金繰り支援

ファクタリングとは、企業が保有する債権を買い取ることをいいます。
ファクタリングによって決済期日前に売上を現金化でき、企業の資金繰りの改善に役立ちます。
資金調達ナビでは、ファクタリングで経営者様の資金繰りや財務改善を支援しています。

http://xn--g52az3b7zerxb.tokyo/

一般事業会社様向けのファクタリング



1ヶ月後に入ってくる売掛金の全額、または、その一部を買い取ることが可能です。
これで、待たずにすぐに資金調達が可能!
中小企業様向けの売掛金ファクタリングは、金策に困った中小企業の味方です。
申し込みから最短1〜2営業日で、資金が入金されます。
もちろん、対応地域は全国どこでもOKです。

こちらから、お問合せください。
http://xn--g52az3b7zerxb.tokyo

■ファクタリングおすすめリンク集

 ・ファクタリング比較ナビ
 ・資金調達ナビ
 ・ファクタリング比較ナビ


債権譲渡登記のポイント

債権譲渡登記とは?



ファクタリングでは、売掛金を買取ります。
その買取った売掛金を、法務局に登記します。
登記するための手数料、登記を取り下げる手数料、行政書士に支払う手数料などが発生します。
登記する金額により異なりますが、〜20万円くらいを想定していれば問題無いでしょう。
なお、登記を外す場合の費用は、1〜2万円くらいです。

詳細は、こちら
東京法務局
※)会社などの法人がする金銭債権の譲渡などについては,その内容を債権譲渡登記所に登記することにより,債務者以外 の第三者に自己の権利を主張することができます。
これは,金銭債権を譲渡したことを第三者に主張するには,確定日付のある証書によって債務者へ通知するか 債務者の承諾を得なければならないとする民法の原則に対する特例として認められているもので,これにより,債務者が多数に及ぶ場合でも,簡易に第三者対抗 要件を備えることができます。


債権譲渡登記の注意事項



債権譲渡登記で登記される主な項目は次のとおりです。
 ・譲渡人(お客様)の住所や商号
 ・譲受人(ファクタリング会社)の住所や商号
 ・譲渡する債権の債務者(売掛先)の住所や商号
 ・譲渡する債権の種類(売掛金、貸金等の区別)
 ・譲渡する債権の発生日
 ・譲渡する債権の額

債権譲渡登記で注意したいのは、債権を登記するのではなく、既に発生している債権(既発生債権)とこれから発生するであろう債権(将来債権)の両方を登記できるという点です。
そのため、債権を登記した後は、必ず、外さなければなりません。
外す不要は、数万円なのですが、数十万円かかりますー!
と言い切る糞ファクタリング会社もありますので、ご注意くださいねー


ファクタリングのお申し込みは、こちらから
http://xn--g52az3b7zerxb.tokyo
通常、ファクタリング会社に申し込む場合は、数社に問い合わせて申し込んでいます。
おすすめのファクタリング会社は?!

☆一位 三共サービス




☆二位 トップマネージメント




☆三位 資金調達ナビ


ぜひ、いろいろな会社にお問合せください。

銀行に融資を断られた時の対処法 ファクタリング

銀行に融資を断られた時の対処法 ファクタリング



中小企業の経営をしております。
銀行に融資を依頼していたのですが、見事に断られました...
担保が無いのが一番の理由だと思いますが、やはり、担保が無いと駄目なんですね・・・
それに税金?年金も未払いだったような・・・・

銀行難しいですねー
払わないといけない金がたくさんあるので、あんまり時間がないんですよねー
金融公庫とか、すごい時間かかるしー
決算書をみたら、駄目だしされそう。。

いろいろ探したのですが、何と!みつかりました。
こんな状況でも、お金を振り込んでくれる会社がありました!
それが、売掛金買取のファクタリング会社です。

ファクタリングとは、売掛債権を買いとってくれる会社のことです。
掛け目は、80〜99%と幅広いですが、このさい、しょうがない。
どこにも相手にされない中小は、こういうところに頼るしかないんですねー
ためしに電話をしてみたら、すっごい丁寧に対応してくれました。
売掛先には、絶対に内緒にしたかったので2社間ファクタリングを選択
会社の決算書や謄本などの必要書類を送ったら、すぐに審査してくれてOKになりました

今まで断られ続けてきたので、助かりました。
担当の方がこられて、契約を締結し売掛金を即日買取ってもらい、入金いただきました。
助かった♪ですね。
ご紹介いただきまして、ありがとうございました。


『資金調達ナビ』の一押しの資金調達方法は?



弊サイトでは、多数のファクタリング会社と提携し、お客様の現状に一番あったファクタリング会社をオススメしています。
まずは、右側の『ファクタリング相談』から、お問合せください。
安全安心なファクタリング会社を、ご紹介いたします。

問合せ頂きますと、お客様に最適なファクタリング会社の担当者より、電話にてご連絡をさせて頂いております。

ファクタリング 手数料・コスト
通常、ファクタリング会社に申し込む場合は、数社に問い合わせて申し込んでいます。
おすすめのファクタリング会社は?!

☆一位 三共サービス




☆二位 トップマネージメント




☆三位 資金調達ナビ


ぜひ、いろいろな会社にお問合せください。

債権譲渡登記のポイント

債権譲渡登記とは?



ファクタリングでは、売掛金を買取ります。
その買取った売掛金を、法務局に登記します。
登記するための手数料、登記を取り下げる手数料、行政書士に支払う手数料などが発生します。
登記する金額により異なりますが、〜20万円くらいを想定していれば問題無いでしょう。
なお、登記を外す場合の費用は、1〜2万円くらいです。

詳細は、こちら
東京法務局
※)会社などの法人がする金銭債権の譲渡などについては,その内容を債権譲渡登記所に登記することにより,債務者以外 の第三者に自己の権利を主張することができます。
これは,金銭債権を譲渡したことを第三者に主張するには,確定日付のある証書によって債務者へ通知するか 債務者の承諾を得なければならないとする民法の原則に対する特例として認められているもので,これにより,債務者が多数に及ぶ場合でも,簡易に第三者対抗 要件を備えることができます。


債権譲渡登記の注意事項



債権譲渡登記で登記される主な項目は次のとおりです。
 ・譲渡人(お客様)の住所や商号
 ・譲受人(ファクタリング会社)の住所や商号
 ・譲渡する債権の債務者(売掛先)の住所や商号
 ・譲渡する債権の種類(売掛金、貸金等の区別)
 ・譲渡する債権の発生日
 ・譲渡する債権の額

債権譲渡登記で注意したいのは、債権を登記するのではなく、既に発生している債権(既発生債権)とこれから発生するであろう債権(将来債権)の両方を登記できるという点です。
そのため、債権を登記した後は、必ず、外さなければなりません。
外す不要は、数万円なのですが、数十万円かかりますー!
と言い切る糞ファクタリング会社もありますので、ご注意くださいねー


ファクタリングのお申し込みは、こちらから
http://xn--g52az3b7zerxb.tokyo

■ファクタリングおすすめリンク集

 ・ファクタリング比較ナビ
 ・資金調達ナビ
 ・ファクタリング比較ナビ